骨盤矯正が重要

出産後に太ってしまう産後太りに悩む女性は少なくありません。

 

妊娠中は、妊娠前と比べると10kgほど増加しますが、出産をしたからといって、すぐに元に戻るわけではありません。

 

出産後の体重増加の原因は、骨盤と考えられます。
体重増加と骨盤の関係性とは、出産をするためには、骨盤を開く必要があり、開ききった骨盤が元の状態に戻らないと、脂肪がつきやすくなり、太りやすくなってしまいます。

 

 

また、妊娠中には、運動をしづらかったり、お腹の張りなどの影響もあって、運動がしにくくなり、筋肉量も低下してしまい、基礎代謝が低下してしまいます。
このため、出産後に妊娠前と同じように生活をしていても、カロリーを前ほど消費できなくなっているため、太りやすくなってしまいます。
>>>基礎代謝を飲むだけでUPするという飲み物を試してみた結果

 

 

骨盤のゆがみによって太りやすくなってしまった場合、そのまま放っておくと、腰痛や肩こり、むくみ、背中に肉が付くなどの体の不調が現れてしまいます。

 

骨盤は、体の中心に位置し、体全体のバランスを支えているので、骨盤がゆがんでしまうと、あらゆる箇所で不調を来してしまいます。

 


産後に体重をしっかりと落としていくためには、骨盤矯正が重要です。
産後の太らない骨盤矯正とは、産後すぐから3ヶ月くらいに行うのが最適な期間で、産後は骨盤がぐらぐらしているため、必ず矯正ベルトをつけて矯正していきます。

 

 

産後は体力も落ち、育児をしながらのダイエットはかなり大変ですが、この時期にダイエットを開始するのがもっとも効果的ともいえます。
医師と相談しながら無理なく少しずつ始めましょう。

 

妊娠中についた脂肪は、流動性脂肪といい、通常のものとは違って水分を含んでいます。

 

この流動性脂肪も、時間が経つと通常の脂肪に変化してしまうため、あまり長い期間放置してしまうと、落としにくくなってしまいますから、産後6ヶ月がボーダーラインといえます。

 

 

ただ、早めのダイエットが効果的だからといっても、無理をしてしまうと自律神経の働きなどにも影響してしまいますから、骨盤矯正ベルトを使って、ゆがんだ骨盤を矯正して、基礎代謝機能をUPさせるとよいでしょう。

 
びっくり!

>>わたしが産後太りから2.9kg痩せて、まだ減り続けているメチャ簡単なダイエット!

ぐったりママが大絶賛!

  • もっと一緒に遊んであげたいのに、、、
  • 鏡を見るたび、ため息が、、、
  • 睡眠時間が足りなすぎる、、、
  • イライラしたくない、、、
このようなぐったりママ必見です!
>>とりあえず見てみる