乳腺炎ではない乳房の痛みや張り

出産を経験したお母さんのほとんどが乳房の張りを感じます。

 

 

乳房の張り、痛みを感じると乳腺炎が疑われますが、
そこまでの痛みを感じない場合といっても何かしらの不快感を感じるのがほとんどです。

 

 

また授乳することによって乳首が割れてしまったり傷つく時もあります。

 

 

体質的な変化で乳房の張りや痛みを感じる場合にはキャベツの葉っぱを使うのが良いとされています。

 

 

キャベツの葉っぱをアイロンがけしてしんなりとさせます。
とにかく何かしらの熱をあたえて柔らかくします。

 

 

それを直接乳房にあてます。

 

 

キャベツの葉っぱには消炎作用があるとされています。

 

 

乳房に限らず体のあらゆる部分の打ち身にも利用されています。
乳房や、乳首の痛みに対しても同様の効果が期待できるため、痛みを和らげるために利用することも良いでしょう。

 

 

また出産後にしっかりと栄養のあるものを摂取しているにもかかわらず、
おっぱいが出ないといった悩みを伝えることもいらっしゃいます。

 

 

ついついやってしまいがちな失敗としては、授乳を意識しすぎて、
高タンパク質のものや、油が多く、カロリーの多い食事をとってしまうことです。

 

 

おっぱいの出を良くするためには、野菜中心にするのがベストです。

 

 

繊維が豊富な食品にすれば授乳中の便秘も予防ができます。

 

 

その他、生まれたばかりの赤ちゃんは、おっぱいを吸う力が弱いので、
それが原因でおっぱいのでが良く出ないと感じてしまう方もいらっしゃいます。

 

 

そのような場合では、授乳マッサージで乳首を柔らかくすることが重要です。

 

 

その他精神的ストレスが原因で、授乳がうまくいかないといったケースも増えているので、
出来る限りストレスのない生活を送ることが重要です。

 
びっくり!

>>わたしが産後太りから2.9kg痩せて、まだ減り続けているメチャ簡単なダイエット!

ぐったりママが大絶賛!

  • もっと一緒に遊んであげたいのに、、、
  • 鏡を見るたび、ため息が、、、
  • 睡眠時間が足りなすぎる、、、
  • イライラしたくない、、、
このようなぐったりママ必見です!
>>とりあえず見てみる