裂傷の状態

軟産道は、胎児が生まれてくるときに通ってくる道のことです。

 

 

子宮下部、子宮頸管から外陰部になります。

 

 

この周りには、骨盤付近の内臓を保護するための骨盤底筋群や筋膜、靭帯などの軟部組織が構成しています。

 

 

これらの組織は胎児が通るときに大きな負荷を受けることとなります。
かなりの伸縮性がありますが、限界値を超えてしまうと裂傷が起きます。

 

 

出産した後に1週間程度で元に戻るとされていますが、
伸びきってしまった筋肉が完全に復活するためには4週間程度かかるとされています。

 

 

産後ダイエットなどの何かしらの運動を始めるにはこの期間を避けるべきでしょう。
傷ついてしまった膣や外陰部には小さな傷がたくさんついています。

 

 

 

しかしながら、軟産道は、完全に妊娠前の状態に戻す事は難しいのです。

 

 

大きな赤ちゃんを産むことによって、どうしても緩んでしまうのです。
さらに裂傷が大きいと緩みのレベルも大きくなります。

 

 

できる限りこのゆるみの状態を渡したいのであれば、適した運動があります。

 

 

このほか、乳房では出産が終わった後に、乳汁の分泌が開始されます。
それによって乳腺の発達し大きくなります。

 

妊娠で巨乳になるのはこの為ですね。

 

 

初乳はそれほど量は多くありませんが、
脂肪分やビタミンA、ビタミンEなど赤ちゃんの発育に欠かせない成分がたくさん含まれているのが特徴的です。

 

 

乳汁の通り道は、赤ちゃんの吸う力で分泌が促進されることになりますが、
乳腺が詰まってしまうと赤く腫れて痛みを伴うことがあります。これをうっ滞性乳腺炎といいます。

 

 

乳汁の分泌が終われば、乳房はしぼみます。

 

 

この時から胸筋に関わるエクササイズをしっかりと行うことによって、
授乳期間が終わった後でもありのあるバストの維持が可能になります。

 
びっくり!

>>わたしが産後太りから2.9kg痩せて、まだ減り続けているメチャ簡単なダイエット!

ぐったりママが大絶賛!

  • もっと一緒に遊んであげたいのに、、、
  • 鏡を見るたび、ため息が、、、
  • 睡眠時間が足りなすぎる、、、
  • イライラしたくない、、、
このようなぐったりママ必見です!
>>とりあえず見てみる

関連ページ

産後の体型変化を戻したいなら?意識しておくべき事
産後の体型変化について
産後の体力低下が回復するには?
産後の体力低下の回復までについて説明しています。