吸引分娩でも治りは早いけど

吸引分娩を行った際傷口を縫います。

 

この場合は大体、膣の入り口の辺りから肛門にかけて、
会陰と呼ばれる部分を縫うことになります。

 

 

このように分娩を行う際に外部に出てしまって傷跡は、
出産後は通常と比べるととても早く治ることが確認されています。

 

 

しかしながら、ほとんどがきれいになることが多い痕であっても、
中にはしこりができてしまったり痛みが長期間引かないことも考えられます。

 

 

通常、こうした傷跡は出産後2ヶ月以内で完治することができれば問題はないとされていますが、
これ以上長引く場合には、出産をした病院で診察を受ける必要があります。

 

 

問題に対して直接的に作用する薬もあります。

 

 

たとえ、吸引分娩を行った場合であっても、
子宮や外陰部の回復が適切な流れでおこっていれば、
正常な分娩の場合と同じような期間で日常生活に戻れるとされています。

 

 

 

いずれにしても、回復が遅れてしまっている場合にはしっかりと医師の指示で送り方に応じた対処を行う必要があり、
日常生活に戻る日数も長引かせなくてはならなくなります。

 

 

また、おりものでは、出産後は妊娠する前よりもいくらか多くなる傾向にあります。

 

しかしながら、出産したあとだからといっておりものが多いということを思い込んでしまっていると、
その他の病気にかかっていることを見過ごしてしまう可能性があります。

 

 

具体的には、膣に炎症が起きていることが考えられます。
炎症がある場合には吸引分娩などで縫った傷は治りにくくなります。

 

 

この場合も産後ダイエットなどは、様子をみて徐々に行ってゆく必要があります。
まずは、傷口や炎症を癒やすことが先決になります。

 

同時に行うとしても、運動の必要の無い食品によるダイエットが好ましいでしょう。

 
びっくり!

>>わたしが産後太りから2.9kg痩せて、まだ減り続けているメチャ簡単なダイエット!

ぐったりママが大絶賛!

  • もっと一緒に遊んであげたいのに、、、
  • 鏡を見るたび、ため息が、、、
  • 睡眠時間が足りなすぎる、、、
  • イライラしたくない、、、
このようなぐったりママ必見です!
>>とりあえず見てみる

関連ページ

健康に必要な成分がたくさんのおいしい母乳
おいしい母乳について
産後に虫歯だらけを防ぐにはカルシウムで良いの?
産後の虫歯対策について説明しています。
産褥熱の原因
産後の家事はいつからOK?
妊娠、出産によるお肌の変化〜産後の美容〜肝斑、妊娠線、かゆみなど
知っておきたい産後の美容についてお話しています。
出産後の免疫力の変化
出産後の免疫力について説明しています。
産後の仕事復帰タイミング
産後の仕事復帰について