知っておいたい産後の美容

妊娠、出産によるお肌の変化はとても大きいものがあります。

 

 

しかしながら、妊娠中に起こる肌の変化は個人差があることも確かです。

 

 

今までよりもお肌の調子が良くなる方もいらっしゃいます。
変化がなかったり、極端に悪くなってしまう方もいらっしゃいます。

 

 

具体的に起きる妊娠、出産による肌の変化とは、敏感肌、ニキビなどです。

 

 

今まで使っていた化粧品であってもピリピリと刺激を感じることが起きます。
そのためできる限りシンプルなお手入れに切り替える必要があります。

 

 

また脂性になってしまう方もいらっしゃいます。

 

さらに、妊娠中はプロゲステロンの変化によって、メラニン色素ができやすくなっているとされています。

 

 

紫外線に対しては特に注意をする必要があります。
妊娠性肝斑ができることもありますが、
出産が終えてからは徐々に消えていくことが多いようです。

 

 

ですがこの期間に日焼けをしてしまうと、定着してしまうことも考えられます。

 

 

また、妊娠中はお肌が敏感になっている上に、刺激を直に受けやすくなってしまいます。

 

 

自分の汗で蒸れてかゆくなってしまったり、
服や下着との摩擦によって蕁麻疹に似た症状が出る場合もあります。

 

 

できるだけ刺激の少ない生活に切り替える必要があります。

 

食べ物や、普段使っている化粧品、
入浴の時に使っているシャンプーやボディーシャンプーも敏感肌用のものに切り替えることも大切です。

 

 

それと同時にできるだけ丁寧な保湿をすることが重要です。

 

 

妊娠中、初めての出産の時に皆さん意外と気にされるのがデリケートな部分の色が黒くなることです。

 

 

これはホルモンの影響でメラノサイトが活性化してしまい起きる変化になります。

 

 

そしてやはり1番気になるのは妊娠線ではないでしょうか。

 

 

これは妊娠中に急激に皮膚がいっぱられ、その伸び方に、皮膚が耐えられないで亀裂を生じてしまうものです。
お腹だけにできるものと考えがちですが、胸にできることもあります。

 

 

急激に体重が増えてしまった場合には妊娠線は発生しやすいものだと考えておきましょう。

 

妊娠線予防クリームなどもありますので、
お腹が大きくなりだした頃からこまめに塗っておくことによって予防することも可能です。

 

 

いちど妊娠線ができてしまうと本格的な治療が必要になりますので、
出来れば早い段階から始めることが重要です。

 
びっくり!

>>わたしが産後太りから2.9kg痩せて、まだ減り続けているメチャ簡単なダイエット!

ぐったりママが大絶賛!

  • もっと一緒に遊んであげたいのに、、、
  • 鏡を見るたび、ため息が、、、
  • 睡眠時間が足りなすぎる、、、
  • イライラしたくない、、、
このようなぐったりママ必見です!
>>とりあえず見てみる