産褥熱の原因は細菌感染?

出産した後に体の回復にある程度時間がかかります。

 

 

ここでは産褥熱に対して説明をします。

 

出産によって剥がれ落ちてしまった、卵膜、胎盤における傷は約30日で治るとされています。

 

そのまま新しい子宮粘膜が再生されます。
分娩によって裂傷ができてしまった外陰部が元の状態に戻るためには3週間ほどかかるとされています。

 

 

 

出産によって傷ついてしまったり、
押し広げられて腫れてしまっている部分などの状態が完全に戻るためには、4週間以上かかるとされています。

 

 

 

さらに、出産を行った直後には、子宮が繰り返し収縮をおこないます。

 

 

そのため、出産が終わってから2、3日は陣痛に似た痛みを感じるようになります。
これは後陣痛と言われます。

 

 

 

後陣痛が起きやすいタイミングとしては、
赤ちゃんに授乳しているタイミングが多いようです。

 

 

これは授乳によって、乳首が刺激にされることで、
ホルモンが刺激されて子宮の収縮が促進されるからです。

 

 

産褥熱とは、出産で子宮の中や外陰部などに複数の傷ができてしまい、
ここに最近が感染してしまうと起こるものです。

 

 

 

近年では出産終わった後に早い段階で抗生物質を飲んでいることが多いため、
産褥熱にかかる人は少ないとされています。

 

 

しかしながら、免疫力には人それぞれ違いがありますので、
出産が終わった後には産褥熱に注意すると同時に、無理をしてしまわないように気をつけることが重要です。

 
びっくり!

>>わたしが産後太りから2.9kg痩せて、まだ減り続けているメチャ簡単なダイエット!

ぐったりママが大絶賛!

  • もっと一緒に遊んであげたいのに、、、
  • 鏡を見るたび、ため息が、、、
  • 睡眠時間が足りなすぎる、、、
  • イライラしたくない、、、
このようなぐったりママ必見です!
>>とりあえず見てみる

関連ページ

健康に必要な成分がたくさんのおいしい母乳
おいしい母乳について
産後に虫歯だらけを防ぐにはカルシウムで良いの?
産後の虫歯対策について説明しています。
産後の家事はいつからOK?
妊娠、出産によるお肌の変化〜産後の美容〜肝斑、妊娠線、かゆみなど
知っておきたい産後の美容についてお話しています。
吸引分娩から日常生活に戻るまで〜産後ダイエットなど
出産後の免疫力の変化
出産後の免疫力について説明しています。
産後の仕事復帰タイミング
産後の仕事復帰について