カルシウムのバランス?

産後に、虫歯で歯がボロボロになってしまうと言う話を聞いたことがあるかもしれません。

 

一般的には、妊娠すると虫歯ができやすく
産後に虫歯だらけ、という状態は多いのです。

 

赤ちゃんはお母さんのカルシウムを利用して大きくなります。

 

 

そのため、カルシウムが最も少なくなっている妊娠後期から、
産後にかけて歯が悪くなってしまうと考えられています。
>>赤ちゃんにママの虫歯菌を移さないハミガキ粉

 

カルシウム欠如は昔から言われてきたことではありますが、現在では必ずしも正しいと言うことではありません。

 

 

現在、妊娠中から出産後にかけて虫歯がたくさんできてしまいやすい原因の1つに、
歯の手入れがおろそかになってしまっているということが挙げられます。

 

 

もちろん、赤ちゃんは、お腹の中にいるときに、
骨を作るためにカルシウムをお母さんの体から貰います。

 

 

お母さんが毎日食べるご飯の中に適切なカルシウムの量が含まれていないと、
母子ともにカルシウム不足となります。

 

 

つまり、出産後虫歯だらけにならないためには、
意識的にカルシウムの多い食事をとるようにすることが重要になってきます。

 

具体的には

  • 乳製品
  • 海藻類
  • 小魚類
といったものになります。

 

 

その他、妊娠しているときは、唾液の分泌量が増えます。
これに加えて唾液の質も変化するとされています。

 

 

これが原因で、食べ物の残りカスが歯茎に残ってしまい、虫歯になりやすいされています。

 

 

具体的には、虫歯のほかに歯周病口内炎などが挙げられます。
基本的なお手入れとしては、常に口の中を清潔に保つことが重要です。
>>赤ちゃんに虫歯菌を移さないハミガキ粉

 

 

しかしながら、大人の歯をしっかりと虫歯から守るようにするためには、
なかなか専門的な知識が必要になってきます。

 

 

基本的には妊娠中のバランスのとれた栄養が重要になってきますが、
まずは、妊娠が分かった時点で、なるべく早く歯医者さんに行き、治療を終えてしまうことです。

 

 

もちろん、間につわりの時期がありますので、
この時期を避けた上で治療を行うことになります。

 

 

妊娠中は、歯の治療をするべきではないと言う意見もありますが、
歯の治療は妊娠の間でも重要な健康科目になります。

 

 

しかしながら、歯を抜くには、デリケートな時期を避けて行うことが重要です。
出産後にも、なるべく早く歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

赤ちゃんに虫歯を移さないハミガキ粉

産後にママが虫歯だらけだと、高確率で赤ちゃんにも移ります。

 

これを防ぐために乳酸菌「BLIS M18」菌を配合した粉ハミガキが開発されました。

 

「BLIS M18」菌とは
虫歯菌除去成分です。

 

 

選ばれる理由のほとんどが

 

子供に虫歯を移さないため

 

です。

 


山口もえさんや寺田心君でもお馴染みですね。

 

【特徴】

  • 虫歯菌除去作用
  • 水でゆすぐ必要なし
  • 忙しい時には舐めるだけでもOK
  • 食品クオリティー
  • 60日の返金保証つき

 

大人用、子供用わかれていますが、大人はどちらでも大丈夫です。

 

妊娠中〜産後ママの虫歯予防として大人用


【公式サイト】
>>http://otona.kodomohamigaki.com/

 

歯が生えてきたら使える子供用


【公式サイト】
>>http://kodomohamigaki.com/

 

 

>>>出産後の免疫変化について

 
びっくり!

>>わたしが産後太りから2.9kg痩せて、まだ減り続けているメチャ簡単なダイエット!

ぐったりママが大絶賛!

  • もっと一緒に遊んであげたいのに、、、
  • 鏡を見るたび、ため息が、、、
  • 睡眠時間が足りなすぎる、、、
  • イライラしたくない、、、
このようなぐったりママ必見です!
>>とりあえず見てみる