出産後の体重を落とすには?

産後の体重の落とし方にもいろいろな種類があります。

 

そんな中でも何より大切なのは
健康なまま体重を落とすことです。

 

ここでは
産後の体重の落とし方でも健康的に負担の少ない方法をご紹介していきます。

 

まずは簡単に少しずつはじめてみて
ご自分に合っていそう、続けられそう、と思えたら頑張ってみてくださいね。

 

 

何よりも母子の健康が大切ですので
くれぐれも無理のないよう体重を落としていきましょう!

 

はじめは食事に関連した産後の体重調整についてご紹介しますね。

 

 

そもそも母乳に良い体重の戻し方って?

本来、妊娠や出産に伴い体重の増加は多くの妊婦さんが経験することですから、あまり心配することはないんです。
極度の肥満は母乳の質を低下させることも考えられるので無理のないダイエットを考える事が大切です。

 

 

ですが、産後すぐに体重を以前のように戻そうとするのは体のことも考えても、あまりおすすめできません。
というのも、出産したばかりの体は、まだ本調子ではない状態ですので、
運動するにしても疲労感がすぐに襲ってきますので長続きはできないと思った方がいいでしょう。

 

 

また、お母さんの母乳というのは赤ちゃんに必要な栄養がすべて含まれていることから、授乳中の期間に体重が自然と減っていくようになっています。
そのため、体重を戻したいと思っているのであれば、授乳中が一番おすすめの期間となります。

 

 

この期間に適度な運動を取り入れることによって、母乳に良い効果も期待できるので、まさに一石二鳥になるんです。
ただし、運動が大切とはいっても激しいものは厳禁ですので、まずは簡単なウォーキングなどからはじめてみるのがおすすめです。

 

 

たとえば、赤ちゃんを乳母車に乗せて近くの公園までお散歩してみるといった程度でも十分効果はあります。この時期はまだまだ体調管理をしっかりとしていかなければならない時期になりますので、体重をすぐにでも落としたいという焦りは禁物です。
急激な減量は体にも急激な負担をもたらします。
この時期は焦らないことがベストなのです。

 

>>焦らず母乳にも良い酵素ダイエットを体験してみた結果

 

おかゆダイエット


おかゆダイエットとは、とっても簡単。毎日主食として食べているご飯をおかゆに変えるだけの簡単なダイエット方法です。

 

 

おかゆは水分を多く含んでいるため同じ茶碗一杯分でも普通のご飯よりもカロリーが低く、熱いおかゆはゆっくりと冷ましながら食べる必要があることから食べ過ぎの予防に効果的です。

 

 

また、おかゆには身体を温める作用があり、新陳代謝を活発にして脂肪を燃焼しやすい身体をつくる効果も期待できます。
>>新陳代謝(基礎代謝)と産後太りについて
つまり、おかゆダイエットは、主食をおかゆにするだけで摂取カロリーを抑えるとともに脂肪燃焼を促進する効果が期待できるダイエット方法といえるわけです。

おかゆダイエットの方法

毎食の主食をおかゆにするだけという簡単なものですが、同じおかゆでも作る際の水の量によって茶碗1杯のカロリーも変わってくるので注意が必要です。

 

 

 

たとえば、米1に対し水5でつくる全粥ならば100gで約100kcal、米1に対し水20の三分粥ならば100gで約30kcalというように、水の比率が上がるほどカロリーが少なくなるので、制限したいカロリーに応じて調節しましょう。

 

 

 

ただし、おかゆダイエットはおかゆがすぐに消化するためお腹がすきやすく、過度なカロリー制限になりやすいので、主食をおかゆにしても鶏肉や魚、緑黄色野菜、海藻類などの低カロリーで栄養豊富な食品をしっかり食べて栄養バランスのよい食事を心がけましょう。

 

糖質制限ダイエットのやり方と注意点


糖質制限はライザップなどでも有名ですね。

 

今注目されているのが糖質制限ダイエットです。
甘いデザートだけではなく、ご飯やパン、麺類なども糖質としては有名ですよね。

 

産後のダイエットでは、過度の糖質制限は難しいので知っておく程度でも良いと思います。

 

糖質制限ダイエットって?

糖質を制限することでインスリンの分泌量を減らし、結果的に細胞に脂肪をため込む作用を抑えることで脂肪がたまらず、痩せることを目的としたダイエットです。

 

 

 

糖質制限ダイエットのやり方として最も基本的なことは
血糖値をあげる食材を極力摂取しないことが上げられます。
GI値が高い食品ほど食後の血糖値を上げてしまい、結果的にインスリンの分泌量を上げてしまいます。

 

 

したがってGI値が高い白米やにんじん、じゃがいも、などは避ける必要があります。

 

 

また食事をする際ははじめに野菜から食べることで血糖値の上昇を緩やかにすることができるため、
食事をする際はいきなり炭水化物を食べるのではなく、
野菜、タンパク質、炭水化物の順で食べることが重要です。

 

 

 

このダイエット方法の注意点としてGI値が低い食べ物しか食べない食事は避けるということです。

 

 

痩せるためにヘルシーでGI値が低い食べ物である野菜しか摂取しなくなる人がいるものの、
その場合体が本来必要とする栄養が足りなくなるため後々過食をしてしまう可能性をあげてしまいます。

 

 

 

したがってあくまでバランスのよい食事をとることが重要となります。
すぐに効果を実感できるものではなく徐々に効果を実感する方法として利用されています。

 

 

さらに産後の授乳期間における糖質ダイエットでは、極端な食事制限はできないので
上手く工夫することが大切になってきます。

 

 

トコちゃんベルトの痩せる効果ってどう?


ちょっと道具についても説明してみますね。

 

有名なトコちゃんベルト。
この効果って気になりますよね?

 

産後の体型戻しが気になっている人は、
産後すぐにでも開いた骨盤を元に戻す所から始める事が最優先です。

 

 

もちろん
帝王切開などで傷口が不安定な場合は、しっかりと経過を観察する必要がありますが、
担当の医師に相談しつつ視野に入れ始めても良いですね。

 

 

骨盤を支えてくれたり締めてくれるものに産院などでもお勧めのトコちゃんベルト。
産後すぐに使用して骨盤を締める事で自然と内臓も正しい位置に戻り、ぽっこりお腹も解消されるベルトです。

 

 

これは開いてしまった骨盤の空間に脂肪が付いてしまったり、内臓が落ち込んでしまうのを予防する意味合いがあります。

 

 

中にはたるんだお腹をスッキリさせてくれるガードルがありますが、産後すぐにお腹を締めてしまう事で逆に骨盤が開きっぱなしになるので
骨盤が時間の経過とともに中々戻らずに妊娠前の体型にも戻りにくくなるので要注意
です。

 

 

お腹周りは後からでも落とす事が出来るので
まずはトコちゃんベルトで骨盤からもとに戻す事を意識します。
食事制限ができない産後のダイエットにもってこいなんですね。

 

骨盤を締めつつ痩せるには無理な食事制限のダイエットは授乳中には不要です。

 

>>産後ダイエット成功の秘訣

 

>>断乳後ダイエットの秘訣

 

 

効果的な痩せる方法としては落ちた筋力や筋肉量を上げる事に意識をすることが大切。
筋力や筋肉量を鍛える事で基礎代謝が上がり、脂肪が燃焼しやすく、出産によるたるみの解消にも繋がります。

 

 

産後の踏み台昇降運動ダイエット

ここからはちょっと動きますよ〜。
産後にダイエットを目指して行う運動で踏み台昇降がありますが、行うには注意点があります。

 

まず、一般的に踏み台は5cmくらいから30cmくらいのものを準備します。

 

 

有酸素運動を目的にして、やせるために引き締まった身体を目指したいなら5cm〜15cmの低い台で行います。
逆に、30p近いものになると足に筋肉がついてしまうからです。

 

 

そして、産後は体調も落ちている場合もあるので、まず準備体操を適度に行ってください。

 

 

特に、踏み台昇降は家にある雑誌やすのこなどを活用して出来るので、自分に合った低い高さから始めましょう。
ですので、産後の場合には、10cm程度までにして踏み台昇降をするのが無難です。

 

 

継続していると物足りないと感じるようになっても高さを上げることよりも、
時間を長くしたり、テンポアップをしたりしましょう。

 

 

赤ちゃんの様子を見ながらでも気軽に家の中でやれるメリットがありますが、
このような注意点を守って出来るだけ継続してやれるように目指すのが、ダイエットには効果的になります。

 

 

始めから一気に長い時間かけて運動をするのではなく、
短時間から始めて体が踏み台昇降の運動を覚えたらしめたものです。

 

くれぐれも一気に無理をしないことが産後には、特に必要とされる注意点です。

 

産後の縄跳びダイエット

 

ちょっとハード気味なダイエットがこちら。

 

産後ダイエット法も色々なものが編み出されているので、ヨガスタジオやフラダンス教室、スイミングスクールでは産後の女性向けのプログラムを開設し、
実際に多くの母親たちが赤ちゃんを連れて通っている光景が見られます。

 

 

妊娠・出産で崩れた体形や骨盤を治したい、
体重を妊娠前まで戻したいと思っても、授乳中の場合は赤ちゃんからなかなか離れることができないので、
スタジオに通うことが難しいケースもあります。

 

 

親子で参加できるプログラムがあるところならある程度はカバーできますが、
人前で授乳すること自体に抵抗感のある人もいるでしょう。

 

 

そんな授乳中の女性でも自宅でできるダイエットが縄跳びダイエットです。
縄跳びダイエットという名前がついていますが、縄跳びがなくても実行することは可能です。

 

 

ただ規則的に跳んでいるだけに見えますが、ジョギングと同様有酸素運動なので、全身の余分な脂肪を燃焼させることができますし、妊娠や出産でたるんでしまったお腹もすっきりさせることができます。縄跳びは有酸素運動なので、運動不足の人の場合は急に運動量を増やすのではなく徐々に体を慣らしていくようにしましょう。

 

 

注意点としては、帝王切開の方や産後間もない場合は、避けるほうが良いということです。
あくまで運動になりますので、傷口が完全にふさがり体力もある程度戻るまでは
無理しない産後ダイエットが大切です。

 

 

産後のダイエットヨガ

最後はちょっと手の込んだダイエット方法です。
でも、覚えてしまえばいろんなメリットがあります。

 

何度も書いてしまいますけど
赤ちゃんを産んだ女性なら、産後すぐに元の体形(元の体重)に戻したいというのは誰しもが思うことです。

 

けれどこの時期は授乳や育児が第一なので、無理な食事制限はできませんし、
本格的な運動をする時間もなかなかとれません。

 

 

運動する時間を取れたとしても、骨盤が開いている状態での運動は難しいものが多いです。
特に帝王切開の方では運動が可能になるまでの期間に太ってしまうケースが多いとされています。

 

 

そんな産後ダイエットには健康的でわずかな時間でもできるヨガ人気になっています。

 

でも
ヨガというと、スタジオに通って本格的にやらなくてはいけないと思いがちですが、
自宅で育児の合間に行うことも可能なのです。

 

 

ヨガが産後ダイエットに効果的な理由はいくつかあります。

 

  • 有酸素運動なので血流を良くして体温を上げ、代謝をアップさせることができます
  • 遅筋という細い筋肉が鍛えられて基礎代謝が上がり、脂肪燃焼しやすい体になります
  • お産で開いてしまった骨盤を正しい位置に戻す効果もあるので、下半身太りも解消できます

 

>>産後太る原因は基礎代謝低下?

 

>>基礎代謝を飲み物で上げるには?

 

 

ヨガの中にはかなりきついポーズもありますが、
産後ダイエットには無理なく気持ちよく体をのばせるポーズを取るだけでも十分効果があります。

 

 

芸能人で15kgの減量に成功した人もいるほどです。

 

 

最近では託児所を設置しているスタジオもあるので、通って本格的に行うのも良いですが
DVDや書籍などを参考に、自宅でちょっとしたすき間の時間に行うだけでも効果的ですし、気分転換にもなるのでおすすめです。

 

くれぐれもリラックス中心であることを忘れずに。

 

>>産後の運動が無駄になる?酵素不足を補ってみた結果

 
びっくり!

>>わたしが産後太りから2.9kg痩せて、まだ減り続けているメチャ簡単なダイエット!

ぐったりママが大絶賛!

  • もっと一緒に遊んであげたいのに、、、
  • 鏡を見るたび、ため息が、、、
  • 睡眠時間が足りなすぎる、、、
  • イライラしたくない、、、
このようなぐったりママ必見です!
>>とりあえず見てみる