腹直筋離開

出産後、たるんだお腹をシェイプアップしたい。
そんなとき、産後の腹筋運動のすすめがさまざまなインターネットサイトで説明されています。

 

 

ですが、出産直後の腹筋運動は「できない」人が多いそう。
ではそれはなぜでしょうか?その原因についてみていきましょう。

 

 

まず、妊娠中、臨月のお腹はとても膨らんでいます。

 

すると、おなかがおおきく横に広がるのが分かるでしょうか?
このとき、一緒に筋肉も横に広がっています。

 

 

このときに、腹筋中央の筋が開いて割れてしまう現象が生じます。
筋肉が割れている人にある、真ん中の筋の部分をイメージしてください。

 

その部分が横にひっぱられ、中央が開いてしまうようなかたちになります。

 

 

このような症状のことを、「腹直筋離開」と呼びます。

 

 

この症状は、自覚症状のあるなしにかかわらず、
産後の女性の8割から9割にあらわれるものだといわれています。

 

 

半年から1年ほどで自然治癒することが多いものですが、この状態になってしまうと、
おなかに力が入らず、上体を起こすことが困難になってしまいます。

 

 

また、この状態で腹筋運動を行うことはからだに危険がありますので、
症状が治るまでは運動を避ける、または医師に相談する必要があります。

 

>>>運動の必要なし!?出産後の体重を母乳にも安心しながら落とした実体験

 

関連ページ

産後に勝手に減る体重の量とはどのくらい?
産後に勝手に減る体重の量について