産後の心身に合わせる体重変化

出産した後のままの体は、生活パターンや体の状態が180度変わってしまっているものです。

 

そのため、当然、ダイエットのやり方も、産後の心身の状態に合わせる必要があります。
さらに、今まで通りのダイエットの考え方を新しいものに変えなくてはいけない時期でもあります。

 

 

この時期、特に意識しておいてほしいのが、健康である上に美しさがあるということです。
無理な食事制限や過激なエクササイズなどは厳禁です。

 

笑顔が溢れて楽しくなるようなダイエット方法を探しましょう。

 

 

産後ダイエットを成功させるためには5つのコツがあります。

 

時間の調節をしっかりやる
健康を強く意識する
他人から見た自分のイメージをしっかり持つ
失敗しても自分を責めない
手抜きする

 

 

時間の調節をしっかりやる

子育てをしている間は時間が足りなくなってしまうことがとても多いものです。しかしながら、しっかりと時間を自分のために捻出しようと考えてみると意外と自由な時間は作れるものです。意外と多いのが、子供が眠ってしまっているときに、自分もダラダラとしてしまうことです。確かに、子育てに追われて心身ともに疲れていることが多いかと思いますが、ほっとした時間体の半分をボディーケアに使えば、リラックスしつつ理想の体に近づくことも可能です。
まずは、無駄に過ごしてしまっている時間を洗い出してみてくださいね。

 

健康をしっかり意識する

ママの存在はとても大きいものです。過激なダイエットも行ってしまい健康を損なうことになってしまっては、家族全体で不健康になってしまいます。
ママの美しさは、家族全体の健康の上に成り立っているということをしっかりと意識しておきましょう。食べ物を選ぶときには、カロリーだけではなく栄養の面からもしっかりと選ぶようにしましょう
。運動することもとても大切ですが、あくまで無理なく健康的に痩せるということを意識しながら行うようにしましょう。

 

他人から見た自分のイメージをしっかり持つ

子育てに追われてしまうと、毎日同じ人間とばかり接するようになりがちです。たまには自分の姿を客観的に見つめるために、昔の友人に会いに行くのも良いでしょう。ダイエットにおいて、世間一般的な目線はとても重要です。ママが自分にずぼらになってしまうと、子供に対しても良い影響を与えません。ダイエットに挫折しそうになったら、昔の恋人に会いに行く事を想像しながらがんばりましょう。

 

失敗しても自分を責めない

産後のダイエットは、今までのダイエットと比べると格段に失敗しやすい状態でもあります。これは母親になったということがとても大きいからです。今までのように、自分のことをいつでも優先できるわけではありません。頑張ってダイエット行ったのに、どうしてもうまくいかなくなる時が出てきます。この時に自分を責める事はしないようにしましょう。仕方のないことだと思いつつ、気軽に継続してゆくことが重要なのです。産後ダイエットを成功させるママは、おおらかに長期的な目線で頑張る人が多いのですよ。

 

手抜きする

完璧に、こなそうとするダイエットはとてもつらいものです。たまには工夫して手抜きすることが重要です。子育てが忙しくて、ダイエット用の食事などを作っている時間がない場合には、市販のものを使っても良いでしょう。産後用の酵素ドリンク等は、食事の前に飲むだけで基礎代謝をアップさせてくれるので痩せやすい体質に戻してくれたりします。
体を動かすエクササイズなどでは、『?しながら』できるモノも多いものです。毎日の生活パターンにしっかり合わせて、自分なりの手抜き方法を確立することができればかなり楽にダイエットを継続することができます。大変になることの多い育児期間だからこそ、自分なりの方法をしっかりと見つけて、長期的な目線でダイエットを行っていくことが大切です。

 

 

産後の授乳中ダイエットでリバウンドしてしまう原因

授乳中にダイエットを行い、その後にリバウンドを引き起こしてしまう原因は、
食事の量を変更しないということです。

 

 

基本的に産後においては、ホルモンの分泌量が正常に戻り、
そして体を回復させるために、たくさんのエネルギーが消費されることになります。
これにより、特に何もしていなくても、体重は減少していくことになるのです。

 

 

 

妊娠中に体重が増えるのは、赤ちゃんを成長させるために、
体に脂肪をため込みやすいホルモンをたくさん分泌させるからです。

 

これにより、食事の量を増やしていなかったとしても、体重が上昇しやすいのです。

 

 

 

授乳中には、この体に脂肪をため込むためのホルモンの分泌量が少なくなります。
なので、脂肪の吸収率が少なくなるために、体重が減少するのです。

 

 

これに加え、出産により傷ついた体を回復させるために、エネルギーを消費することになるのです。

 

 

このため、食事の量を減らさなくても、回復期間においては、体重が減少することになります。

 

しかし体の回復期間が終わり、ホルモンのバランスが整っている場合には、
消費カロリーが少なくなってしまうのです。

 

 

なので食事の量を減らさずにいてしまうと、カロリーを消費しきることができなくなってしまうために、
体重が増えてしまい、リバウンドになってしまうのです。

 

 

また、妊娠中の脂肪と産後時間が経ってからの脂肪では、燃焼率に大きな差があります。

 

 

>>産後体重が減らない理由は基礎代謝にあり?

びっくり!

>>わたしが産後太りから2.9kg痩せて、まだ減り続けているメチャ簡単なダイエット!

ぐったりママが大絶賛!

  • もっと一緒に遊んであげたいのに、、、
  • 鏡を見るたび、ため息が、、、
  • 睡眠時間が足りなすぎる、、、
  • イライラしたくない、、、
このようなぐったりママ必見です!
>>とりあえず見てみる

出産後の授乳中ダイエット必須知識!5つのポイント!記事一覧

妊娠中にはお腹の中に赤ちゃんがいることもあり体重が増加します。その増えた量が気になりダイエットを行う方もいますが、しっかりと赤ちゃんに栄養をあげるためにもお勧めできることではありません。しかし、妊娠中には10キロ以上も増える方も多く、急激な増加が気になってしまいます。産後には赤ちゃんが出てくるので3キロ程度の量は勝手に減ることになります。このことを考えると、妊娠中の体重増加は減らした方がいいと考え...

出産後、たるんだお腹をシェイプアップしたい。そんなとき、産後の腹筋運動のすすめがさまざまなインターネットサイトで説明されています。ですが、出産直後の腹筋運動は「できない」人が多いそう。ではそれはなぜでしょうか?その原因についてみていきましょう。まず、妊娠中、臨月のお腹はとても膨らんでいます。すると、おなかがおおきく横に広がるのが分かるでしょうか?このとき、一緒に筋肉も横に広がっています。このときに...