産後の生理再開が止まった

排卵や、それに伴い起こってくる月経は脳下垂体前葉から分泌されるいくつかのホルモンによってコントロールされています。
またこれらのホルモンは授乳ととても重要な関連性があります。妊娠すると脳下垂体からプロラクチンが大量に分泌されるようになります。これは乳腺の発達を促します。出産後はプロラクチンの分泌量がさらに増加します。

 

しかしながらプロラクチンには排卵を抑制すると言う役目もあります。そのため授乳している間は排卵が起こりにくく、出ても起こりにくくなるとされています。
出産から1年以上経っていても、授乳を続けているとその影響でプロラクチンが大量に分泌されてしまうため、排卵が起こりにくく、いったん再開した月経が再度止まってしまうことも考えられます。

 

 

このような状態は、すぐに身体的に何か問題が起きるわけではありませんが、
タイミング的には断乳の時期かと思います。
体重の変化や、ストレスの問題であることもありますが、治療が必要なホルモンの異常きたす病気が潜んでいることまりますので、慎重に考えましょう。頭痛などの他の不快な症状がなければ、基礎体温を1ヶ月ほどチェックした上で、産婦人科を受診するようにしましょう。

 

もし早い段階で頭痛など他の症状も伴っている場合には、早めの受診を勧めします。早発閉経と言って30代で閉経してしまうこともあります。月経の有無は子宮がもちろんのこと、骨の代謝や全身の健康に関係してきます。できるだけ慎重に考えるようにしましょう。

びっくり!

>>わたしが産後太りから2.9kg痩せて、まだ減り続けているメチャ簡単なダイエット!

【AD】

ママの5人に1人が使うアプリ

auスマホだけの限定!今なら
テレビCMでお馴染みのQ&Aアプリ
ママリがクーポン&無料キャンペーン中です!

↓タッチで見れます

>>ママリの30日無料お試しキャンペーンの詳細はこちら

関連ページ

出産後の退院から1ヵ月の検診までの流れ
出産後の体重は直ぐ減るよね。。。淡い期待をかかえたまま、体重が減ることはありませんでした。
産後の子宮の回復
産後の子宮の回復について
産後2ヶ月のころ
産後2ヶ月のころまで
産後4ヶ月以降
産後4ヶ月以降について
産後7ヶ月以降
産後7ヶ月以降について
産後、膣の異物感
産後の膣の異物感について
産後の生理の痛み
産後の生理の痛み
産後の悪露
産後の悪露について