子宮内膜症でも妊娠したい!大丈夫?

子宮内膜には、卵巣から分泌される女性ホルモンに反応して、
増えたり、出血したりする形があります。

 

 

子宮内膜症とは、
子宮内膜と同じ性質や機能を持った細胞が、卵巣や子宮の周囲など、
本来の子宮内膜以外の部分に当たってしまうために、
卵巣のう腫ができてしまったり、
子宮腺筋症などの周囲が癒着したりする病気となります。

 

 

 

子宮内膜症があると、ひどい生理痛に悩まされことが多くなりますが、
ホルモン治療や内視鏡手術など、病気の場所や、状態に応じてたくさんの効果的な治療法が存在します。

 

 

ですが、深刻な病気ではないにも関わらず、閉経するまでには徐々に進行し、
治療によって改善することは可能でも、再発を繰り返す可能性も考えられます。

 

 

しかしながら、妊娠している間はその進行が抑えられ、
軽い状態のものであっては、治ってしまうこともあります。

 

 

出産後は、妊娠前と同じような身体の状態に戻ることが多いため、注意が必要です。
一般的なケースでは、妊娠前よりも症状が軽くなっていることが多いようです。

 

 

出産後は、妊娠によって体の状態が変化していることが多いので、
産後数ヶ月たったら、子宮の妊娠前の状態に戻ったことを確認しつつ、いちど産婦人科で子宮や卵巣の状態を診察してもらうのが良いでしょう。

 

 

次の子供を考えている場合などには、
卵巣のう腫や、子宮腺筋症など、妊娠の経過に悪影響を与える可能性のある病気について診察を受けておくようにしましょう。

関連ページ

出産後に勝手に減る体重は?どのくらい?
出産後に勝手に減る体重について
産後ダイエットは芸能人を参考にするのがイイ??
産後ダイエットは芸能人での成功者が多いのには、、、
授乳中の産後ダイエットでの運動
授乳中の産後ダイエットでは激しい運動をしない方が良いのか?
産後ダイエットで痩せない場合は?
産後ダイエットで痩せないケースについて
簡単にできる産後ダイエット
簡単な産後ダイエットについて
酵素不足と血液と生活習慣病
酵素不足と血液と生活習慣病について
酵素の殺菌効果
酵素の殺菌効果について
食生活と酵素
食生活と酵素について
母乳が出すぎる
母乳が出すぎる事について
ヘルニアで妊娠、出産は大丈夫?
ヘルニアで妊娠、出産について
妊娠の腰痛を治す方法は?
妊娠の腰痛を、治すことについて
産後の不調が続く
産後の不調について
赤ちゃんが泣くとイライラする
赤ちゃんが泣くとイライラする事について罪悪感を感じていませんか?
出産時の輸血〜副作用、対処など
出産の輸血について
産後に胎盤が残っている症状などは?
産後、胎盤が残っている事について
乳腺炎の原因・症状・治し方・しこりなど
乳腺炎について説明しています。
産後の細菌感染
産後の細菌感染について