産後に胎盤が残っている症状などは?

胎盤は出産の際、赤ちゃんの娩出後まもなく自然に子宮の壁から離れ、
排出されることが一般的です。

 

ですが、まれに癒着胎盤と言って、胎盤が子宮の壁に付着してしまっていたり、子宮の中に食い込むように癒着してしまっている場合があります。
この場合は赤ちゃんが生まれたとも自然に排出されないことになります。

 

 

その場合は麻酔をかけて取り出すことになりますが、
癒着の程度がひどいことになってしまうと、その状態でも残すことになることがあります。

 

 

出産直後の子宮の壁は薄くてわやらかいので、
強い刺激を与えると傷ができてしまい大量出血してしまう可能性があります。

 

 

そのため癒着の程度がひどい場合には、
慎重に対処することが必要です。

 

 

出産時の段階である程度は排出されているのであれば、
時間をかけて子宮の回復を待って自然の排出をさらに待ち、適当な時期に切除することになります。

 

 

胎盤が残ってしまっていることに起きる問題としては、
子宮の回復が遅れて出血がなかなか止まらないといった状態が考えられます。

 

 

また感染や残った胎盤分にある組織が原因となって、
新たな異常が起こってくる可能性も考えられます。

 

 

残ってしまった胎盤の大きさがそれほど大きくなく、
悪性の変化が起こらなければ、自然の排出を待つことも可能です。
ですが、超音波検査やホルモンの特定を定期的に行いながら、経過を確認していくことが大切です。

関連ページ

出産後に勝手に減る体重は?どのくらい?
出産後に勝手に減る体重について
産後ダイエットは芸能人を参考にするのがイイ??
産後ダイエットは芸能人での成功者が多いのには、、、
授乳中の産後ダイエットでの運動
授乳中の産後ダイエットでは激しい運動をしない方が良いのか?
産後ダイエットで痩せない場合は?
産後ダイエットで痩せないケースについて
簡単にできる産後ダイエット
簡単な産後ダイエットについて
酵素不足と血液と生活習慣病
酵素不足と血液と生活習慣病について
酵素の殺菌効果
酵素の殺菌効果について
食生活と酵素
食生活と酵素について
母乳が出すぎる
母乳が出すぎる事について
ヘルニアで妊娠、出産は大丈夫?
ヘルニアで妊娠、出産について
妊娠の腰痛を治す方法は?
妊娠の腰痛を、治すことについて
産後の不調が続く
産後の不調について
赤ちゃんが泣くとイライラする
赤ちゃんが泣くとイライラする事について罪悪感を感じていませんか?
出産時の輸血〜副作用、対処など
出産の輸血について
子宮内膜症でも妊娠したい!大丈夫?
子宮内膜症と妊娠についてお話します。
乳腺炎の原因・症状・治し方・しこりなど
乳腺炎について説明しています。
産後の細菌感染
産後の細菌感染について