出産時の輸血〜副作用、対処など

出産するときに輸血を必要とするほど出血が多かった方もたくさんいらっしゃいます。
特に前置胎盤で帝王切開をする時など、危険は高くなるとされています。

 

 

順調に進んでいた普通の出産の場合でも、
タイミングによっては分娩後の子宮の収縮がよくないために、
弛緩出血といった大量に出血してしまうこともあります。

 

 

輸血を行った場合の副作用として考えられるのは肝炎が知られています。
肝炎はウィルスの種類によっていくつかの種類に分類されるとされています。
最近では検査方法の進化により、非常に減少しています。

 

 

その他の感染症としては、梅毒、エイズ、白血病などのチェックが行われていますが、
輸血による感染は今のところないとされています。

 

 

もしも輸血によって肝炎に感染してしまった場合は、
輸血から半年間の間に症状や血液検査データと異常が確認されることが多いとされています。

 

そのため輸血後6ヶ月目を過ぎてからの発症は考えられないとされています。

 

 

こういった副作用を懸念してのことから、あらかじめ手術が予定されていたり、
前置胎盤のように出産時に出血が予測される場合には、自己血輸血と言う方法が行われるようになっています。

 

 

これはあらかじめ自分の血液をキープしておき、必要な場合に自分の血液を輸血する方法です。

 

採血量やタイミングには健康にのないよう考えられるようになっています。

 

 

さらに、妊娠中は妊娠前と比べると、血液量が50パーセント近くも増加しているため、
採血による影響はほぼないとされています。そのため胎児に対しての健康にも影響がありません。
リスクのある出産に対する準備としてはとても有効な方法とされています。

関連ページ

出産後に勝手に減る体重は?どのくらい?
出産後に勝手に減る体重について
産後ダイエットは芸能人を参考にするのがイイ??
産後ダイエットは芸能人での成功者が多いのには、、、
授乳中の産後ダイエットでの運動
授乳中の産後ダイエットでは激しい運動をしない方が良いのか?
産後ダイエットで痩せない場合は?
産後ダイエットで痩せないケースについて
簡単にできる産後ダイエット
簡単な産後ダイエットについて
酵素不足と血液と生活習慣病
酵素不足と血液と生活習慣病について
酵素の殺菌効果
酵素の殺菌効果について
食生活と酵素
食生活と酵素について
母乳が出すぎる
母乳が出すぎる事について
ヘルニアで妊娠、出産は大丈夫?
ヘルニアで妊娠、出産について
妊娠の腰痛を治す方法は?
妊娠の腰痛を、治すことについて
産後の不調が続く
産後の不調について
赤ちゃんが泣くとイライラする
赤ちゃんが泣くとイライラする事について罪悪感を感じていませんか?
産後に胎盤が残っている症状などは?
産後、胎盤が残っている事について
子宮内膜症でも妊娠したい!大丈夫?
子宮内膜症と妊娠についてお話します。
乳腺炎の原因・症状・治し方・しこりなど
乳腺炎について説明しています。
産後の細菌感染
産後の細菌感染について