食生活と酵素

私たちの食生活は折角の酵素を破壊していることが考えられます。
酵素による正しい反応は、常温、常圧という条件のもとで行われます。
酵素は新鮮な食物の中にだけ存在し、調理することで壊れてしまうのです。

 

 

つまり熱に弱く、ほとんどの場合、20度から40度の範囲で正常に働く最適温度となります。

 

 

ほとんどの場合60度以上になるとこそは正しく機能されなくなります。
つまり、タンパク質が変性して急速にその機能を失ってしまうことになります。

 

 

基本的に、火を使った料理の状態では酵素のほとんどは深いされてしまい、
何の意味もない物質になってしまうのです。

 

 

私たちの食事を考えてみましょう。
加工食品の多い食事はほとんど生きた酵素を摂取することができないということになります。

 

 

新鮮ななもの食品や酵素の多い発酵食品の摂取には気をつけなければなりません。

 

 

また、低温殺菌、缶詰、電子レンジで調理されるものであったりすると、
酵素の効果がなくなってしまいます。

 

 

さらに、あらゆる添加物などが原因となって体の酵素が活性化しなくなってしまいます。

 

 

 

昔は酵素たっぷりと素晴らしい食べ物をきちんと食べていたのに、
最近ではそういった効率を著しく下げてしまう食べ物が増えているということです。

 

 

 

ご自分が食べている食べ物が、どういった形で作られてきたのか、
酵素活性化させるためにはどういったものを食べたらよいのか、どういった調理をしたら良いのかしっかり考えることがとても大切です。

関連ページ

出産後に勝手に減る体重は?どのくらい?
出産後に勝手に減る体重について
産後ダイエットは芸能人を参考にするのがイイ??
産後ダイエットは芸能人での成功者が多いのには、、、
授乳中の産後ダイエットでの運動
授乳中の産後ダイエットでは激しい運動をしない方が良いのか?
産後ダイエットで痩せない場合は?
産後ダイエットで痩せないケースについて
簡単にできる産後ダイエット
簡単な産後ダイエットについて
酵素不足と血液と生活習慣病
酵素不足と血液と生活習慣病について
酵素の殺菌効果
酵素の殺菌効果について
母乳が出すぎる
母乳が出すぎる事について
ヘルニアで妊娠、出産は大丈夫?
ヘルニアで妊娠、出産について
妊娠の腰痛を治す方法は?
妊娠の腰痛を、治すことについて
産後の不調が続く
産後の不調について
赤ちゃんが泣くとイライラする
赤ちゃんが泣くとイライラする事について罪悪感を感じていませんか?
出産時の輸血〜副作用、対処など
出産の輸血について
産後に胎盤が残っている症状などは?
産後、胎盤が残っている事について
子宮内膜症でも妊娠したい!大丈夫?
子宮内膜症と妊娠についてお話します。
乳腺炎の原因・症状・治し方・しこりなど
乳腺炎について説明しています。
産後の細菌感染
産後の細菌感染について