出産後に勝手に減る体重は?どのくらい?

出産後に勝手に減る体重ですが、普通に考えると赤ちゃんの体重と羊水の重さって事になりますよね。

 

私の場合は、マイナス4kgって感じでした。
産後1週間に計った体重です。

 

 

それでも妊娠中に増えてしまった脂肪の多さに驚いてます。

 

うまくいく方でも、その後の育児などで月に2kgぐらいずつ痩せていく感じみたいですね。

 

よっぽど体質改善が良好な人でもないと妊娠前の体重にもどるなんて難しそうです。
なので、カラダが落ち着いてきたら無理なのない産後ダイエットからはじめて行くのが良いかと思いますね。

 

やっぱり、どこでも言われていることなんですが、
産後6ヶ月以降は痩せにくくなっていくし、さらに次の子も、、、
なんてなってしまった時には妊娠前の体重なんて絶望的みたいな。

 

まぁ、それでも痩せている方もいるわけなので諦めないでダイエットしていかなくてはですよね。
あきらめると一気に生きますからね。特に授乳中。

 

一気に5kgくらい太ってしまいますので、諦めたら終わりです。

 

出産後に勝手に減る体重も見越した上でのダイエットも良いですが、
体質ばかりはどう変化するかわかりませんので、

 

自分なりの健康ダイエット方法を見つけるのも大切ですよね。

産後体重が戻ったのに、リバウンド!どうすりゃいいの?

産後体重が戻ったのにリバウンド。

 

これって私個人的な体験では、体質が変わってしまったせいだと思います。

 

妊娠はカラダにとって、とても大きな出来事ですので、
花粉症になってしまったり、太りやすくなってしまったりする人が多いです。

 

私自身もその一人でした。

 

 

基礎代謝が悪くなったみたいです。

 

つまり、何もしていない時の消費エネルギーが少なくなってしまった。

 

母体と赤ちゃんを守る変化としては正しいですけれども、体重的には厄介ですよね。

 

 

産後半年くらいまでは、授乳や落ちやすい脂肪である為、意外と痩せてしまう方が多いです。

 

ですが、その期間でしっかり体質改善しておかないと、それまでの脂肪が定着してしまったり、
ちょっと食べただけで、すぐに脂肪蓄積されてしまったりで太りだします。

 

 

その上、基礎代謝が悪いわけですから、よっぽど運動しないと痩せにくくなります。

 

 

かなり、運動しているのにブクブクしてしまっているのは、体質に問題があるケースが多いです。

 

 

私はたまたま酵素がカラダにあっていたので、体質改善できましたが、
人それぞれ体質改善にはばらつきがあるみたいですね。

 

せっかく産後の体重が一旦元に戻ったのにリバウンドしてしまった方。

 

基礎代謝に注目してみてはどうでしょうか?

産後うつ病と体重の関係

産後にうつになってしまう方は多いです。 主な特徴としては、イライラにはじまり、ひどい物忘れ、情緒不安定、腰痛 さらには急激な体重の増加などが挙げられます。 特に問題無のが、赤ちゃんが可愛くないなどの精神状態です。 この段階ではキチンとした精神科での治療も必要になってきます。 産後うつは 基本的には長引くことはなく、長くても数ヶ月で治ったりします。 ですが、元のルックスから体重増加などにより、かけ離れすぎてしまったなど、 うつが悪循環をはじめてしまう事もあります。 これは出産が直接の原因ではなく、その後の自分の状態によって 不安のスパイラルがはじまってしまうことを意味します。 うつの厄介な部分は、この何気ない不安のスパイラルにあります。 一つの小さな不安が、雪だるま式に大きな不安へと移行していきます。 自分にこういった不安要素がある方は、早めに専門医を受診しておくことをオススメします。
 

関連ページ

産後ダイエットは芸能人を参考にするのがイイ??
産後ダイエットは芸能人での成功者が多いのには、、、
授乳中の産後ダイエットでの運動
授乳中の産後ダイエットでは激しい運動をしない方が良いのか?
産後ダイエットで痩せない場合は?
産後ダイエットで痩せないケースについて
簡単にできる産後ダイエット
簡単な産後ダイエットについて
酵素不足と血液と生活習慣病
酵素不足と血液と生活習慣病について
酵素の殺菌効果
酵素の殺菌効果について
食生活と酵素
食生活と酵素について
母乳が出すぎる
母乳が出すぎる事について
ヘルニアで妊娠、出産は大丈夫?
ヘルニアで妊娠、出産について
妊娠の腰痛を治す方法は?
妊娠の腰痛を、治すことについて
産後の不調が続く
産後の不調について
赤ちゃんが泣くとイライラする
赤ちゃんが泣くとイライラする事について罪悪感を感じていませんか?
出産時の輸血〜副作用、対処など
出産の輸血について
産後に胎盤が残っている症状などは?
産後、胎盤が残っている事について
子宮内膜症でも妊娠したい!大丈夫?
子宮内膜症と妊娠についてお話します。
乳腺炎の原因・症状・治し方・しこりなど
乳腺炎について説明しています。
産後の細菌感染
産後の細菌感染について