産後ママに大切な知識一覧

産後ママに大切な知識に関連する記事をまとめています。

出産後に勝手に減る体重ですが、普通に考えると赤ちゃんの体重と羊水の重さって事になりますよね。私の場合は、マイナス4kgって感じでした。産後1週間に計った体重です。それでも妊娠中に増えてしまった脂肪の多さに驚いてます。うまくいく方でも、その後の育児などで月に2kgぐらいずつ痩せていく感じみたいですね。よっぽど体質改善が良好な人でもないと妊娠前の体重にもどるなんて難しそうです。なので、カラダが落ち着い...

本屋に行くと、芸能人が書いたさまざまなタレント本が売られていますが、女性に売り上げが良いのはやはりダイエットに関する本のようです。それだけ自分の体型に悩んでいる女性が多いことの証でもありますが、いくら綺麗な女優やモデルであっても、さすがに妊娠すると太ってしまいます。ですが芸能人はそのままの体型では仕事に復帰できないので、さまざまな産後ダイエットを行い、元のスタイルに戻してから、テレビや舞台に出る人...

新たに母親になった女性にとって子育ての大変さに悩むと共に、自分の体型が変化してしまったことが気になるという人も大勢います。妊娠中は体内で健康な子供を育てるために体に多くの脂肪が付くため、出産後にもその脂肪のせいでお腹がポッコリと出るなど太っている状態が続いてしまいます。さらに出産時に骨盤が開いてしまうため、それが原因となってさらに下半身が太くなってしまうのです。そのため運動などの産後ダイエットを行...

産後太りを解消する為の産後ダイエットは、出産から6ヶ月以内に行うのが、最も効果的とされています。ただ、産後ダイエットを始めたのに、なかなか痩せないという人は少なくありません。この場合、骨盤の歪みを疑ってみるのがお勧めです。妊娠や出産というのは、骨盤に負担をかけやすく、この期間に骨盤が歪み、そして開いた状態になっている事は珍しくありません。骨盤が歪むと、姿勢が悪くなり、筋肉の使われ方が変わり、使われ...

産後太りを解消するために行う産後ダイエットは、出産から6ヶ月以内に行うのが理想的とされています。ただ、出産をすると、そこから子育てが始まる為、ダイエットについて考えている暇はないという人は珍しくありません。そんな中、母乳で子育てをする際、母親の食事が母乳に影響する事になる為、食事制限のダイエットは赤ちゃんに影響を与える事になるので、避けておく必要があります。更に、赤ちゃんは昼夜の感覚がない為、この...

テレビの健康番組などでは良く体の健康状態を表現するように、ドロドロ血液やサラサラ血液などという言葉が使われてきました。体に酵素が足りていない場合、消化しきれない栄養素が血液の中を漂うことになります。そうするとプラークと呼ばれる塊を作ってしまったり、赤血球をくっつけるようになったり、ドロドロ血液の状態をお作り出してしまうのです。つまり、血液の流れが悪化して慢性疲労や高血圧等を招いたり、血栓が詰まって...

酵素という言葉を聞いたとき、洗剤を思い浮かべてしまう方はとても多いことかと思います。私も実際、はじめて聞いた時は洗濯用洗剤のことをイメージてしまいました。それはつまり、酵素パワーを歌ったものが多いからですね。確かに酵素入りの洗剤が汚れを分解するという意味では問題無い表記です。こういったように、酵素は横領分解する敵もあります。洗濯物の頑固だよこれも酵素を加えた洗剤だときれいに落ちるのです。こういった...

私たちの食生活は折角の酵素を破壊していることが考えられます。酵素による正しい反応は、常温、常圧という条件のもとで行われます。酵素は新鮮な食物の中にだけ存在し、調理することで壊れてしまうのです。つまり熱に弱く、ほとんどの場合、20度から40度の範囲で正常に働く最適温度となります。ほとんどの場合60度以上になるとこそは正しく機能されなくなります。つまり、タンパク質が変性して急速にその機能を失ってしまう...

母乳が足りないといった悩みもたくさんありますが、母乳が出すぎてしまって困るという問題もあります。ただし、赤ちゃんは母乳が主な栄養源になっている時期ですから、できるだけ上手に管理して、順調な授乳が受けられるようにしたいものです。乳房には数カ所に乳腺があります。赤ちゃんが吸うと比較的、あっという間に空になってしまうものと、乳汁が外に出にくくて中に溜まりやすいものとがあります。母乳の量が多いお母さんのお...

一般的なヘルニアと呼ばれるものは、鼠径ヘルニアを含みます。鼠径ヘルニアとは足の付け根の筋肉と人体で囲まれている三角形の部分から腸が膨張してくる状態をいいます。動いた時に腹圧をかけた時に鼠径部に膨らみができてしまい、横になったり負担がかからない状態になると自然に戻ってしまうと言う状態を繰り返します。妊娠中においては大きくなってしまった地球によって常に側圧が高くなってしまっているため、鼠径ヘルニアが起...

腰痛は、妊娠中に多い問題の1つです。妊娠に伴う体重の増加や、大きくなってしまったお腹の負担で、自分でも気がつかないうちに、妊娠前とは全く違った無理な姿勢で過ごすことが多くなってしまうことがあります。中でも起き上がることができないほど痛かったりするのであれば、症状としては非常に重く、病院でのきちんとした検査や治療が必要になってきます。自宅にいながら自分で直したいと考える方も多いようですが、もしもそれ...

妊娠をすると体のあらゆる部分にいろいろな不具合が現れたします。ですがその大部分は産後になることによって改善されていることが多いです。ですが、産後になってもしばらくの間体の不調が続いているという方も少なくありません。産後は子供の世話が原因で生活のリズムがガラッと変わってしまい、体調を崩してしまう方が多いようです。ですがしばらくたつと次第に慣れていき、頑張れるようになってきます。また、産後は自己免疫疾...

出産を終えて慣れない育児を繰り返していると、気分がすぐれず、赤ちゃんの鳴き声がするだけで頭が痛くなり、精神的にイライラしてしまう方が増えています。これは自分だけなのかもしれないと不安になる方も多いかもしれませんが、どのような形においても一同経験するものとされています。生後3ヶ月ぐらいまでは授乳間隔が長くないため、夜の間にも何度も起きて授乳しなくてはなりません。そのためお母さんは今までのようにきちん...

出産するときに輸血を必要とするほど出血が多かった方もたくさんいらっしゃいます。特に前置胎盤で帝王切開をする時など、危険は高くなるとされています。順調に進んでいた普通の出産の場合でも、タイミングによっては分娩後の子宮の収縮がよくないために、弛緩出血といった大量に出血してしまうこともあります。輸血を行った場合の副作用として考えられるのは肝炎が知られています。肝炎はウィルスの種類によっていくつかの種類に...

胎盤は出産の際、赤ちゃんの娩出後まもなく自然に子宮の壁から離れ、排出されることが一般的です。ですが、まれに癒着胎盤と言って、胎盤が子宮の壁に付着してしまっていたり、子宮の中に食い込むように癒着してしまっている場合があります。この場合は赤ちゃんが生まれたとも自然に排出されないことになります。その場合は麻酔をかけて取り出すことになりますが、癒着の程度がひどいことになってしまうと、その状態でも残すことに...

子宮内膜には、卵巣から分泌される女性ホルモンに反応して、増えたり、出血したりする形があります。子宮内膜症とは、子宮内膜と同じ性質や機能を持った細胞が、卵巣や子宮の周囲など、本来の子宮内膜以外の部分に当たってしまうために、卵巣のう腫ができてしまったり、子宮腺筋症などの周囲が癒着したりする病気となります。子宮内膜症があると、ひどい生理痛に悩まされことが多くなりますが、ホルモン治療や内視鏡手術など、病気...

乳腺炎とは、母乳の分泌が盛んになってしまう、出産後1ヶ月ごろからが多くなってくる状態を言います。乳腺の部分に痛みを伴うしこりができてしまい、ときには、39度台の熱を出すこともあります。乳首には傷ができやすく、どうしてもばい菌が入りやすくなってしまっているので、清潔に保つ事はとても大切になってきますが、乳腺炎の原因は、乳汁のうっ滞によるところが大きいのです。乳腺とは、左右の乳房に数本ずつ存在しますが...

出産後に子宮内感染を引き起こし、炎症起こしたために発熱や腹痛腰痛などの症状が出る方がいらっしゃいます。産後は子宮から悪露の出血があり、外陰周辺にも分娩による傷や、粘膜から出血がいくつもあるため、子宮や膣周辺に細菌感染が起こりやすい状態にあります。妊娠する前から膣周辺に細菌があった場合、今までは症状がなかったとしても妊娠がきっかけとなって、感染が拡大することも考えられます。しかしながら、免疫力に異常...