帝王切開後のダイエットは注意点がいっぱい!


帝王切開での出産後に体重増加。。。

 

そこでダイエットを考える時には注意すべき点がたくさんあります。

 

 

産後の美容で真っ先に気になるのが体重かと思いますが
帝王切開の場合ではお医者さんから言われる注意よりも細かく大切なことがたくさんあります。

 

 

ご自分では大丈夫と思っていても
長期的な障害があらわれてしまう可能性も考えられます。

 

しっかりと知識をもって行うことが大切なんです。
>>産後直後から始められる飲むだけ健康ダイエットの体験談

帝王切開での出産後痩せない原因

帝王切開での出産を終えたのち、なぜか体重が落ちない。
痩せないということがあります。

 

この原因はなんなのでしょうか?

 

 

まず、帝王切開での出産であるかどうかにはかかわらず、産後の女性の体はやせにくいものです。
これは生命維持や赤ちゃんへの授乳という面でも正常な状態でもあります。

 

 

具体的には
妊娠中に生活リズムが変化していることや、出産によって骨盤の歪みがあらわれ、
体が動かしにくいことなどが理由として挙げられます。

 

 

また、妊娠中にふくらんだお腹のせいで、腹筋が横に割けてしまう症状が起こっていることもあります。

 

これは「腹直筋離開」とよばれるもので、
9割の妊婦さんに起こる症状です。

 

 

こうなるとおなかに力が入らず、上体を起こすことが難しくなり、腹筋運動が困難になってしまいます。

 

 

このように、産後の女性のからだはやせようとしてもやせにくい状態になってしまっていることが多くあります。

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

なかでも帝王切開で出産した場合、物理的におなかを切るわけですから、
自然出産に比べて母体へのダメージが大きくかかっています。

 

 

そのため、当然母体の回復も遅くなってしまい、自然と産後の運動がはじめづらいということもあります。

 

体型が気になる妊婦さんは、体が回復した産後6か月ごろからダイエットをはじめるのが良いとされています。

 

>>産後ダイエット運動の種類

 

 

>>産後直後から始められる飲むだけダイエット体験談

 

 

帝王切開後ダイエットでやってはいけない事

新しい命の誕生を迎え喜びもつかの間、
待っていたのは帝王切開後の傷の痛みとたるんでしまったおなかの肉、という現実に直面します。

 

 

とはいえ、出産後の体は大きな仕事をやり終えて十分な休息が必要な時でもあります。

 

 

赤ちゃんとの日々は体力勝負でもあるため、
体力の回復と開いた骨盤を元に戻したり、ダイエットの意味でも産後のエクササイズは必要不可欠です。

 

 

しかし、帝王切開後では普通分娩よりも体の負担が大きく慎重に進めなければいけません。
産後一か月はとにかく体を休めるのに徹して、徐々にやれることをやっていきます。

 

 

やってはいけない事として、帝王切開ではおなかに傷があるため、
ふさがるまでは腹筋運動、水泳、エステやマッサージなどは控えましょう。

 

 

痛みがある場合も同様に、焦る気持ちは分かりますが痛みを伴う動きは控えます。

 

骨盤矯正のためのベルトなどはむしろ傷をしっかりと押さえてくれるので、
痛みが和らぐという方もいます。

 

 

焦らず徐々にやれることを、というのを守れば、
それ以降は特にやってはいけない事というのはありません。

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

ただ、産後一年以内は自分で思っているよりも完全な状態ではありません。
激しい運動は十分に注意して行うようにしましょう。
>>産後直後から始められる飲むだけ健康ダイエットの体験談

帝王切開後、体重の変化

産後は妊娠前に比べて体重が増えている方が多いですが、
これは帝王切開で出産した方も同じです。

 

 

通常はダイエットしなくても妊娠前の体重に戻っていきます。

 

 

帝王切開だとしても体重の変化は自然分娩と大きな差はありません。
体重の変化は個人差が大きいですが、平均的には出産直前は妊娠前よりも7kg?8kgほど増えて、
出産後は5kgほど減ります。

 

 

妊娠前よりも増量した人は妊娠中に食べ過ぎたことが原因として考えられます。
妊娠中はホルモンの働きが活発になることで食欲が増していきます。

 

 

しかし、出産後は太る原因のホルモンの働きが急激に減少するので食欲は抑えられていきます。
さらに、授乳によって体内の栄養が使われることもあり、自然と元の体型に戻っていくようになっています。

 

 

 

産後は骨盤が開いているので痩せにくいと言われていますが、
開いた骨盤は自然と元に戻ります。
※全ての方が必ず正常に戻るわけではありません。

 

 

骨盤の開き方も自然分娩と帝王切開では大きな違いはなく、
骨盤の戻り方も大した差はありません。

 

 

そのため、出産してから2ヶ月後くらいには元の体型に戻っている方が多くいます。

 

 

また、母乳をあげるために栄養重視で和食中心の生活にしたことで、
食生活の変化と授乳の効果で妊娠前より痩せることができたという人も少なくありません。
>>授乳中の食事制限の基本

 

 

>>産後直後から始められる飲むだけ健康ダイエットの体験談