産後一ヶ月の急激な減り方

出産をすると、羊水や胎児の分は体重が減ると言われています。
しかし実際には思った程減らないという人も珍しくありません。

 

 

出産直後の体は大きなダメージを受けている状態なので、体重が少々減らないからと言ってダイエットをするのはとても危険です。
特に危険な減り方としては、急激に減ってしまう事、例えば産後1か月の時には既に妊娠前の体重かそれ以下になっている場合は気を付ける方が良いでしょう。

 

 

徐々に減らしていき、徐々に正常な状態に戻していく、これが出産直後から気を付けるべき事です。

 

 

 

したがって、万が一危険な減り方をしていると感じた場合は、栄養のバランスに気を付ける事が重要となります。
特に母乳育児をしている場合は、食べたものが母乳の質にも影響を与える場合も少なくありません。

 

 

したがって、なるべく栄養バランスの良い食生活を心掛けましょう。

 

 

 

とはいっても、危険な減り方をしているから体重を増やさなければいけないという極端な考えを持つのも危険です。
前述した様に食事内容によって母乳の質が変わってしまうので、できるだけ高カロリーな物を食べるという様な事はしてはいけません。

 

 

 

確かに本人の体重が増えますが、母乳の質が悪くなり赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまう可能性もあるからです。
こういう場合は、できるだけ体を休めて3食きちんと食べる様にしましょう。"

 
びっくり!

>>わたしが産後太りから2.9kg痩せて、まだ減り続けているメチャ簡単なダイエット!

ぐったりママが大絶賛!

  • もっと一緒に遊んであげたいのに、、、
  • 鏡を見るたび、ため息が、、、
  • 睡眠時間が足りなすぎる、、、
  • イライラしたくない、、、
このようなぐったりママ必見です!
>>とりあえず見てみる

関連ページ

出産後体重増加で考えられる病気
出産後体重増加による病気について
出産後体重が戻るのは遺伝
出産後体重が戻るのことと遺伝の関係について
出産後の体重管理方法〜スマホアプリでやる方法
出産後の体重管理方法について
産後完母いつから痩せるのか?
産後完母いつから痩せるのかについて
産後のうつで太る?誰に相談したら良いの?
産後のうつで太る場合、ストレスをためない考え方など
産後体型戻しはいつからいつまで?
産後体型戻しはいつからいつまでが一般的なのか、について説明しています。
授乳中に太ったりすると母乳の味や色に影響するか?
授乳中に太った場合での母乳の味や色への影響について
産後の体重戻しで骨盤を締めるベルト購入〜汗疹で断念しました。
高齢出産後の体重変化の体験談です。