ちょっとしたことで母乳の味は変化する?

とうぜん女性にとって、妊娠するということは喜ばしいことでもあります。

 

家族が増えるので、にぎやかになり、上に子どもがいる場合には、
兄弟が出来ることになりますので、子どもも喜ぶことが多いでしょう。

 

 

しかし、妊娠中はいろいろなことに気をつけたいものです。

 

 

例を挙げるならば、食べ物などもそのうちの一つです。
妊娠中は胎児に直接栄養が届きますので、食べ物でも刺激物や生ものを控えた方が良いとも言われています。

 

 

 

少量なら大丈夫なことも多いですが、生ものなどは、妊婦がトキソプラズマなどに感染した場合には、お腹の胎児も感染するリスクが大きくなりますので、注意した方が良いでしょう。

 

 

三食きっちりと食事を取り、野菜や果物もバランスよく取ることが望ましいとされています。

 

 

また、授乳中も母親が糖分の取りすぎで太ったりすると、
母乳の味や色が変わる場合もあります。

 

 

適正範疇を超えて太った場合、血液の流れや栄養分にも異常が現れる可能性が高くなります。
母乳は血液からデキているとうことを念頭においておきたいものです。

 

 

授乳中も母乳に影響があるので、刺激物を避け、アルコールは飲まないようにする方が良いでしょう。

 

 

また、眠れないからと言って精神安定剤などを飲むことも危険である上に、
母乳の味への影響も考えられます。

 

 

妊娠中に比べると、食べ物の規制は少し緩くはなりますが、
どうしてもアルコールなどを飲みたい場合には、一日は授乳を止めて、粉ミルクに換えてあげるのがベストです。

 

できれば数日の余裕をもって体から一切のアルコールを分解しきってからの授乳が望ましいです。

 

 

 

母乳も与えなければ、途中で止まってしまうので、
ミルクと母乳の混合で育てる場合には、授乳回数なども注意するようにしましょう。

 

関連ページ

出産後体重増加で考えられる病気
出産後体重増加による病気について
出産後体重が戻るのは遺伝
出産後体重が戻るのことと遺伝の関係について
出産後の体重管理方法〜スマホアプリでやる方法
出産後の体重管理方法について
出産直後の体重〜危険な減り方
出産直後の体重にも危険な減り方というものがあります。
産後完母いつから痩せるのか?
産後完母いつから痩せるのかについて
産後のうつで太る?誰に相談したら良いの?
産後のうつで太る場合、ストレスをためない考え方など
産後体型戻しはいつからいつまで?
産後体型戻しはいつからいつまでが一般的なのか、について説明しています。